自由民主党県議会議員有志と県手をつなぐ育成会との勉強会

0
    連日、自民党県議団の勉強会が続いております。

    昨日は自民党県議団28名中25名が参加して、家族が何らかの障がいを持っておられる方々が県内各地より約100名参加され、抱えておられる様々な問題を聞く会が開催されました。
    育成会との勉強会
    開会の挨拶の中で、県育成会の岡崎会長が話された内容に、障がいを持つ家族には5つのハードルがあると言われました。

    それは

    1.子供に障がいが見つかった時、なぜ私の子供がと悩む
    2.小学校入学時に普通学校に通えない
    3.学校を卒業してからの就職先の不安
    4.自分が年を重ねて来た時、誰が子供の面倒を見てくれるのかという不安
    5.障がい者へ対する差別

    という内容でした。

    私も今年度厚生常任委員会に所属し、これまで県内のいろいろな施設を視察させて頂きましたが、改めて心打たれる思いでありました。

    この後、それぞれの県内施設の抱える課題や保護者からの要望等、たくさん頂きました。
    特別支援学校高等部設置の問題、スクールバスの導入、放課後児童クラブ設置、小規模作業所の抱える課題や学科を増やし進学できる教育をして欲しい等、皆様の思いは切実であります。

    福祉予算が増大する中、国により平成16年にスタートした障害者自立支援法によって、障がい者を持つ家族、施設の負担が大きく増えたという状況もよく理解することができました

    現在、障害者自立支援法の見直しについて、厚生労働省社会保障審議会で議論が行われております。
    国、県に向けて、私共も必死に政策を訴えていきたいと思います。
    育成会との勉強会2


    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    archives

    profile

    書いた記事数:130
    最後に更新した日:2012/06/12

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode